心に刺さった!プロブロガー宮森はやとさんに言われた、たった1つの言葉。

f:id:inoueeeehayatooo:20160918005426j:plain

こんにちは!イノハヤ(@inouehayatoBLOG)です!

 

先日、宮森はやとさんに言われた言葉が、すげー刺さったんで、ちょっと一筆したためたくなりました。笑

宮森はやとさんは、最近自分の1日を50円で売って、めちゃくちゃ炎上してた人です。

 

www.miyahaya.com

 

宮森はやとさんに言われた、たった1つの言葉。

 

人生は競争じゃない。共存だ。

 

すげー刺さりました。ぐっときました。その通りだなと思いました。

ぼくは、今までよく人と自分を比較していました。

この部分は、自分が人よりも優れているとか、これは自分が人よりも劣っているとかの比較思考がすごく強いんだと思います。

物事を合理性だけで判断しているつもりはないけど、無意識的に比較思考が働いて、合理性だけで物事を判断しているのかもしれません。

 

強みと弱みは表裏一体

「強みと弱みは表裏一体」という言葉があるように、比較思考が自分に対して悪い影響のみを与えているとは思いません。

自分の現状を把握し、その後の問題解決のために使うことができている場合もあるし、時と場合によっては強みになると思います。もちろんその逆も然り。

例えば、TOEIC800点で英語を話すことのできる人がいたとしましょう。その人が日本にいる時と、アメリカにいる時だと全く話が違いますよね。

強み・弱みは環境に左右されることもあれば、自分の使い方次第で、異なった意味を持つと思います。

 

人生は競争のゲームじゃない

もしも、ぼくたちの人生が、ボードゲームでよく見る人生ゲームだったら、お金をたくさん儲けて早くゴールした人の勝ち。

でも、人生は競争するためのゲームじゃないですよね。

人と張り合うために生まれてきたんじゃない。

みんなと共存するために生まれてきたのかなって。

 

面白いことが起きた時、なんでそれを人に伝えたくなるんだろう?

悲しいことが起きた時、なんでそれを人に伝えたくなるんだろう?

 

それって、人に共感してもらいたかったり、人に分かち合いたかったりするんじゃないかなって思います。

 

 

自分の人生にもっと向き合って、自分の生きる意味をよく考えたいなと思うイノハヤでした。